top of page
  • 執筆者の写真吉岡将馬

「今」転職におすすめな業界3選



転職する事は決めているけど、実際どの業界が良いの?

未経験だと転職は難しいですか?


特に初めて転職活動をされる求職者の方々から上記のような不安の声を聞くことが多々あります。

そんな皆様のために少しでも有益な情報をと思い、今回は転職における前提と、

いち転職エージェントとしておすすめの業界を3つご紹介いたします。



前提


前提として、「この業界に転職すれば必ず上手くいく」というものではありません。

業界内でも企業によって働き方は千差万別ですし、ご自身が転職によって得たいものが何なのかによっても条件が異なるからです。

そのため、まずはご自身の転職における軸(優先順位)を定めるところからがスタートになります。

転職における軸、転職によって優先的に獲得したいものが何なのか…

例えば、キャリア(スキル)アップ、年収アップ、ワークライフバランス、やりがいなど求職者によって転職理由は様々なため、その中でも特に達成したい結果の優先順位を決めて、転職活動をすることが大切です。

転職理由が5つあるとすれば、そのうちの上位2~3つの条件が達成できればあとの条件はある程度目をつぶるなど「ここは譲れない」という絶対的なポイントと「ここは妥協できる」という捨てポイントを明確化する事で、転職活動をする中で軸がブレていく事を防ぎ、一貫性を持った活動ができます。

一貫性を持つことで時間的にも体力的にも効率的な転職活動を行う助けになります。

こういった軸の部分についてはひとりで考え込んでもなかなか進まないので、転職エージェントを活用し面談などを通じて事前に明確化しておくと良いでしょう。

上記を踏まえたうえで、2023年「今転職するならこの業界」という業界を3つ挙げていきます。



1.SaaS(IT)業界


SaaSとは、Software as a Serviceの略で、SaaS業界は課題解決を求める企業に対して、業務効率化や業務支援を行うソフトウェアやアプリケーションを主にサブスクリプションサービスで提供する業界の事です。

分かりやすいもので言えば、会計ソフトや労務サービス、名刺管理サービスなどが該当します。

労働人口が著しく減少する日本において、どの企業も人材不足に悩まされています。

そのため、業務効率化や業務支援サービスといった企業の課題解決ツールは今後も必須となることが予想されるため、おすすめ業界のひとつとさせていただきました。

実際に求人サイトでも求人を多く見かけますし、「転職 おすすめ業界」などと検索すると、SaaS業界はだいたいトップ5にはランクインしています。

SaaS業界で特に求人募集しているポジションは「営業」職種で、法人営業経験が2年以上あると採用率も高まる傾向があります。無形商材の営業経験があれば尚良しです。

一方で、業界自体が新しい業界ということもあり、スタートアップの企業も多く、地方にはなかなかこういった企業がないのがネックな点です。

職種未経験の場合も比較的転職のハードルが高いように思いますが、転職できればキャリアアップを実現できる可能性は高いです。



2.人材業界


SaaS業界でも触れましたが、日本では働き手が少子高齢化の影響から少なくなっており、

どの企業にとっても人材確保は必須課題となっています。

コロナの影響で働き方について考え直す人が増えたり、ワークライフバランスを重視するようになったこと。また、現代では「転職」が当たり前になりつつあり、今後企業の人材確保における争いは激化していく事が予想されます。

そうなると、特に我々のような転職を仲介する業界はますますニーズが高まっていく事になります。

こちらもSaaS業界と同様に今後数年は伸び続けていく業界になるかと思います。

業界未経験でも一定数求人があるため、ある程度の学力(大学卒業程度)、コミュニケーション能力があれば採用の確率は高まるように思います。

一方で、人と企業をつなげる仕事のため、コミュニケーション能力は必須で求められます。そのため、人と接する事が苦手な人は向いていない業界と言えるでしょう。



3.広告業界


今回のおすすめで言うと、特にネット広告の業界がおすすめになります。

数年前からテレビや新聞などではなく、ネット広告の拡大が顕著で、コロナ禍におけるオンライン化の影響や、YouTubeなどのネットユーザーが拡大したことで、ネット広告業界も大きく成長しています。求人募集も多く存在し、業界未経験であっても一定数の求人が出ていることから、転職活動をするうえで狙っていく業種のひとつとしてピックアップしてもいいかと思います。

こちらの広告業界においても、多くの人と関わる仕事になりますので、コミュニケーション能力が求められます。

こういったWebマーケティングの業界に転職することができれば、そこでの経験や知識がその他の業界でも役立つケースが多いため、後の転職においてもアドバンテージを得ることができる業界といっていいでしょう。

一方で、広告業界は「ピンキリ」の業界でもあります。

過去の古い体質を引きずっている保守的な企業もあれば、ネット広告など新しい分野に積極的にチャレンジする企業まで幅広く、企業選びが難航するケースがあるのも現実です。そういった時は一人で悩まず、転職エージェントを活用して成功確率を少しでも上げましょう。



~おまけ~ 業界未経験でもおすすめできる職種


未経験業種でおすすめなお仕事として「コールセンター」も選択肢のひとつです。

やる気があり、一定の理解力(説明力)があれば、年収500〜600万円も十分あり得ます。

あえて向いてない人を挙げるとすれば、感情移入しすぎる人やデスクワークが苦手な人、相手の話がなかなか理解できない人などは向いていないです。

若い求職者であれば、そういった苦手を克服したいという目的で転職するのもありかと思います。

今後の転職の選択肢を増やすという意味でも、若いうちに苦手を克服しておく事はとても大切です。

もちろん人には向き不向きがあるので、チャレンジした結果、難しいと分かれば自分の得意分野で勝負していきましょう。



以上で、「今」転職におすすめな業界3選+未経験職種でおすすめなお仕事について締めさせていただきますが、本ブログが少しでも転職活動の参考になれば幸いです。


これまでの仕事や業務経験の棚卸、書類作成から求人を探すまで、かなりの労力が必要ですので、完全無料の転職エージェントのサポートを受けることをオススメします。


いかがでしたでしょうか?

転職エージェントをうまく活用して、いい転職をして社会人としての

キャリアをステップアップして、望んだライフバランスを手に入れてください。


実際に私たちもサポートして、よりよい転職に導きますので

お気軽にお問い合わせください。


株式会社FIVE 有料職業紹介 吉岡将馬

許可番号 13ーユー310946


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page