top of page
  • d-iwasaki

個人ブランディングしていますか?自分自身の価値を高める方法


こん

こんにちは。私は大


こんにちは。私は大学4年生の時にリーマンショックを経験し、いわゆる就職氷河期に就職活動をしていた学生でした。当時、あらゆる企業の会社説明会で ”今後の先行き不透明な時代” の映像を見せられたことを今でも思い出します。

そんな経験をしたからこそ、「1社に就職したら定年退職までずっと変わらず居続けるんだ」という考え方から早い段階で脱却できたことは良い経験となりました。

社会に出てからは何社が転職を繰り返し、業種、業界を多義に渡って経験し、現在はパラレルワークという働き方を選択しています。

転職活動をする際に、自分が何者なのか、どんな強みがあるのかを表現していくことの大切さを身をもって経験してきました。

そんな、臨機応変に自分の働き方を変えて来た、私からの観点で本記事を書きたいと思います。


そもそも個人をブランディングするとはどういうこと?


転職活動における個人ブランディングは、自分自身を他の候補者と差別化するために、SNS上や各種媒体で自分が何者なのかを表現しておくことです。現在では、LinkedInやXなどで直接声をかけるダイレクト採用を行う企業も増えており、これは、20-30代の世代にとって特に重要です。なぜなら、この世代はデジタルネイティブであり、オンラインでの存在感が求められるからです。


個人ブランディングは、自分の強みやスキルを明確に示し、他の候補者よりも優れた価値を提供することを目指します。これには、自己紹介やキャリア目標を明確にすること、オンライン上でのプロフェッショナルなイメージを構築すること、業界や専門知識に関するコンテンツを共有することが含まれます。


具体的には、LinkedInや他のSNS媒体を活用してプロフィールを充実させ、専門的なコンテンツを定期的にシェアすることが重要です。また、ブログやポートフォリオを作成して、自分の経歴や成果をより詳しく残しておくことも効果的です。


さらに、業界イベントやネットワーキング機会を活用して、他の専門家や企業との関係を構築し、自分の専門知識やスキルをアピールする機会を作ることも重要です。


個人ブランディングを通じて、20-30代の転職希望者は自分の価値をより明確にし、求人市場での競争力を高めることができるのです。学4年生の


具体的なアウトプットをする前に、まずは自分のアピールポイントが何なのか整理する時間をつくりましょうリーマンショックを経験し、いわゆ

る就職

自己分析を行って自分のこれまでの経験や資質を整理しておくことは、とても大切です。

具体的には、自分の興味・関心、価値観、スキルや経験を洗い出すことです。

以下のポイントを大事にして行ってみることをオススメします。


1. SWOT分析:自分の強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)を整理し、自己理解を深める。

2. 過去の成功体験の振り返り:過去の仕事やプロジェクトでの成功体験や満足感を振り返り、自分の得意分野や興味を明確化する。


3. アセスメントツールの活用:職業適性や性格診断などのアセスメントツールを活用して、自分の特性や適性を把握する。


4. パーソナルミッションステートメントの作成:自分の目標や価値観を明確化し、自己ブランディングの方向性を決定するための指針とする。


5. **フィードバックの収集**:友人や同僚からのフィードバックを受け入れ、自分の強みや改善点を把握する。


もちろん、私たちエージェントの自己分析MTGを活用して、第三者目線でのフィードバックをもらうこともとても効果的です。私たちFIVEのエージェントは、様々な業種、業界での経験を積んだ人財が集まっているので、うまく活用することでこれからキャリアアップを望むあなたの潜在的な強みにも気づくきっかけとなるでしょう。


これらの手法を組み合わせて、自己分析を行うことで、自分の強みや興味を明確にし、転職活動や個人ブランディングに活かすことが重要です。


アピールポイントが明確になったら、次は発信です!


自己分析を通じて、自分の強みが明確になったら、見つけたアピールポイントをキーワードやフレーズで表現してみましょう。

SNSを通じて、自分自身に「タグ付け」をしていくという発想がイメージしやすいかと思います。表現する場所はLinkedInや各種SNS媒体、ブログなども良いでしょう。また、履歴書、職務経歴書にも落とし込んでいくことが大事になってきます。


その際に、単に箇条書きをするのではなく、具体的な実績や成果の事例を上げて、自分のアピールポイントを証明していくことも大切です。なぜなら、より説得力をもって表現することができるからです。


一度、アピールポイントを明確にしたあとは、継続して強みを磨き続ける努力をしていくことが大事になってきます。

また、長期的にキャリアを考えた時に、新たな自分へのタグ付けができるよう、スキルの取得や自己成長を続けて、個人ブランディングをより強化していくことが大切になってきます。


もしかしたら、まだ自分は経験値が少ないとか、アピールすることが無いとか、不安になる人もいるかもしれません。ですが、新しいキャリアの方向性を私たちエージェントも一緒に考えて、より市場価値を高めながら転職活動に望めるサポートができれば幸いです。


いかがだったでしょうか?

転職エージェントをうまく活用して、いい転職をして社会人としての

キャリアをステップアップして、望んだライフバランスを手に入れてください。


実際に私たちもサポートして、よりよい転職に導きますので

お気軽にお問い合わせください。


株式会社FIVE 職業紹介 武田莉絵子

許可番号 13ーユー310946職活動をしていた学生でした。当時、あらゆる企業の会社説明会で ”今後の先行き不透明な時代” の映像を見せられたことを今でも思い出します。

そんな経験をしたからこそ、「1社に就職したら定年退職までずっと変わらず居続けるんだ」という考え方から早い段階で脱却できたことは良い経験となりました。

社会に出てからは何社が転職を繰り返し、業種、業界を多義に渡って経験し、現在はパラレルワークという働き方を選択しています。

転職活動をする際に、自分が何者なのか、どんな強みがあるのかを表現していくことの大切さを身をもって経験してきました。

そんな、臨機応変に自分の働き方を変えて来た、私からの観点で本記事を書きたいと思います。

そんな経験をしたからこそ、「1社に就職したら定年退職までずっと変わらず居続けるんだ」という考え方から早い段階で脱却できたことは良い経験となりました。

社会に出てからは何社が転職を繰り返し、業種、業界を多義に渡って経験し、現在はパラレルワークという働き方を選択しています。

転職活動をする際に、自分が何者なのか、どんな強みがあるのかを表現していくことの大切さを身をもって経験してきました。

そんな、臨機応変に自分の働き方を変えて来た、私からの観点で本記事を書きたいと思います。


にちは。私は大学4年生の時にリーマンショックを経験し、いわゆる就職氷河期に就職活動をしていた学生でした。当時、あらゆる企業の会社説明会で ”今後の先行き不透明な時代” の映像を見せられたことを今でも思い出します。

そんな経験をしたからこそ、「1社に就職したら定年退職までずっと変わらず居続けるんだ」という考え方から早い段階で脱却できたことは良い経験となりました。

社会に出てからは何社が転職を繰り返し、業種、業界を多義に渡って経験し、現在はパラレルワークという働き方を選択しています。

転職活動をする際に、自分が何者なのか、どんな強みがあるのかを表現していくことの大切さを身をもって経験してきました。

そんな、臨機応変に自分の働き方を変えて来た、私からの観点で本記事を書きたいと思います。

閲覧数:5回0件のコメント

コメント


bottom of page