top of page
  • 執筆者の写真浅賀洋平

求人票のここを抑える!優良企業を見つける3つのポイント

私は、大学卒業後銀行系の企業に就職し法人営業・個人営業を担当しておりました。

社会人3年目の25歳のころに自分自身の成長の方向性を考え始め、転職活動を開始。複数回の転職で金融業界からIT業界を経て転職エージェントとしての仕事をスタートさせました。


ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、単発の転職活動だけでなくその先の人生設計を共に考えていくプランナーになるべく日々、転職活動の支援をしております。




多くの就職者の方と面談をし、支援していく中でなかなか選考に踏み出せない方がいらっしゃいます。そんな方々の多くが「その企業に応募して大丈夫だろうか?」という不安を感じております。


転職活動をするにあたって、何かしら今の仕事で抱える問題を改善したいと思っているのですが、応募する企業で改善出来るのか?と不安になってしまうということです。


さらには、マイナス面を考えていくと「今より悪化してしまう」という不安も抱えてしまうでしょう。


そんな問題を解決するためにブラック企業を避け優良企業に応募していく、求人票で確認するポイントをご紹介致します。



1. 採用人数や掲載期間を確認する


まずは、採用人数や求人が掲載されている期間を確認しましょう。

採用人数がやたらと多い場合は、採用した人材がすぐに辞めていく事を前提に多くの人材を確保しておこうという企業の思惑があります。


通常は、空きが出たポジションを埋めたい場合が多いので、1~2名程の場合が多いです。事業規模を拡大していくために大量に採用するケースもありますが、そういった記載もなく何十人もの採用枠がある場合は注意しましょう。


全社員の人数をホームページなどで確認して採用人数が30%を超えていないか確認して見ることをオススメします。


また、求人の掲載期間が長いもの、特に1年以上継続しているものは注意が必要です。入社直後に採用した人が辞めて募集が継続している可能性があります。もしくは、企業に何かしらの問題があるなど注意が必要です。



2.給与形態や休日の情報が明確に記載されているか確認する


次に給与形態や休日の情報を確認してみましょう。仕事を決めるにあたって重要な部分になってくるので、皆さまもよく見る部分だと思います。

求人票にはウソの記載は出来ないので、重要な部分を絶妙に記載していなかったりする場合もあります。


・固定残業代(みなし残業)

固定残業代が含まれていること事態は悪い事ではありませんが、「月40時間のみなし残業」となると、平均的に40時間程度の残業があることが見込まれます。

残業前提の業務となりますので、この時間は20時間以内には抑えたいところです。


また、このみなし残業時間を超えた部分に残業の支払いがあるか明細されているかの確認も重要です。みなし残業があるから、残業代が支払われないという事はありません。規定の時間を超えた部分は支払いの対象になります。しっかりと確認しましょう。


OKな記載例

月給 250,000円

 ・基本給 220,000円

 ・固定残業代 30,000円 (20時間分)

 ※20時間を超える時間外労働に対しては別途残業代を支給


NGな記載例

・月給 250,000円 (固定残業代含む)

・月給 250,000円 (固定残業代20時間分を含む)


・週休2日制と完全週休2日制

これも勘違いしやすいポイントかと思います。

週休2日制:週2日以上の休みが、月に1回あればOK。

完全週休2日制:週に2日の休みがある。


また祝日の扱いも注意が必要です。

「完全週休2日制(土・日)、祝日」の場合:土・日・祝日が休み

「完全週休2日制(土・日)」の場合:土・日が休みで、祝日は出勤の可能性が高い

「完全週休2日制(土・日・祝)」の場合:土・日・祝日のうち週に2日の休み


給与形態と休日の扱いの記載も十分に確認のうえ、優良な企業を選択していきましょう!



3.オシャレワードや抽象的な言葉が多用されていないか確認する


企業に明確なアピールポイントがない場合、抽象的な言葉やオシャレな横文字に変換したワードが使われやすいです。

代表的な例だと「アットホームな職場です!」「若手が大活躍」などです。

職場の雰囲気が明るいのは良いことだと思いますが、飲み会の誘いが半ば強制的にあったり、休日のイベントが多かったりする場合もあります。

若手の活躍も人材の流失によって、若手しかいない場合もありますので、しっかりとした情報取集は必要でしょう。


また、業務をオシャレな横文字を使って言い換えている場合もあります。

本来の業務は何なのか、業務内容をしっかりと確認しましょう!


代表例

コピー機の販売 ⇒ オフィスのIT化コンサルティング

白アリ駆除の営業 ⇒ ハウスメンテナンスアドバイザー 


また、通常の社員やスタッフを「幹部候補生」という過剰な表現で惹きつけようとする事もありますので、要注意です!



転職を一人で行うことは、求人を集めて、かなりの労力が必要ですので、完全無料の転職エージェントのサポートを受けることを強くオススメします。


いかがでしたでしょうか?

転職エージェントをうまく活用して、いい転職をして社会人としての

キャリアをステップアップして、望んだライフバランスを手に入れてください。


実際に私たちもサポートして、よりよい転職に導きますので

お気軽にお問い合わせください。


株式会社FIVE 有料職業紹介 浅賀洋平

許可番号 13ーユー310946


閲覧数:39回0件のコメント

Commentaires


bottom of page