top of page
  • 執筆者の写真浅賀洋平

自分の強みを分析する3つのステップ

私は、大学卒業後銀行系の企業に就職し

法人営業・個人営業を担当しておりました。


社会人2年目~3年目の頃にリーマンショックによる経済危機を経験。

自分自身の将来や成長の方向性を考え始めて転職活動を開始。


複数回の転職で金融業界からIT業界を経て

転職エージェントとしての仕事をスタートさせました。


ファイナンシャルプランナーの資格を持ち

単発の転職支援だけでなく

その先の人生設計を共に考えていく

プランナーになるべく日々

転職活動の支援をしております。



自分の強みを分析する3つのステップ


転職活動を始めて履歴書・職務経歴書の作成や

面接対策を実施している中で

自分の強みをどうアピールするかで

迷っている人が多くいます。


そもそも自分の強みって何?

とペンが止まってしまう人も多いです。


本記事では「自分の強みを分析する」ステップを紹介します。

実践して自分の強みをアピールできるようになっていきましょう!



1.あなたの経験、資格・スキルを書き出す


まずは、あなたが経験して積み重ねてきた業務を

出来るだけ細かく書き出してみましょう。

また、経験してきた業務と合わせて

取得した資格やスキルの書き出しも行いましょう!

この作業は実績・事実ベースなので

作業時間を確保してサクッと完了させてしまいましょう。


経験やスキルを具体的に示すことで

あなたが提供出来る価値が明確になっていきます。


例)

事務系職種の方の場合、下記のようなイメージでまとめてみましょう。

◇経験業務

・受発注業務(1日平均xx件対応)

・見積書、請求書、契約書の作成(1日平均xx件対応)

・納期管理

・売り上げ管理

・顧客データ管理

・顧客からの問い合わせ対応(メール、電話)

・各種データ入力作業

・会議の議事録作成


◇資格

・MOS

・秘書検定2級

・ITパスポート


◇スキル

Word(表作成、画像挿入、段落設定)

Excel(応用関数(IF・VLOOKUPなど)、グラフ作成、データベース利用)

Power Point(アニメーション設定、画面切り替え)







2.感情を乗せる


1のステップで書き出した業務経験・資格やスキルに対して

あなたの感情を乗せていきましょう!

あなたの喜怒哀楽が、どんなことに興味があり

どんなことにワクワクしているのかを示してくれます。

・ストレスなくスムーズに出来た

・楽しかった

・ワクワクした

・嫌々やっていた

・仲間とのレベルに差がありイライラした


上記のように業務・スキル・資格に

その時の感情を記載していきましょう。

ポジティブな感情で業務や勉強が出来ているものは

あなたの力が発揮出来ているものなので「強み」と言えます!


「仲間とのレベルに差がありイライラ」した感情は

あなたにとって当たり前に出来ることで、

周りの人には難しいこととなります。

こちらの感情が該当した物もあなたの「強み」でしょう。



3.第三者に相談して客観的な意見を得る


最後に、あなたの事を良く知る人に強みを聞くのもいいでしょう。

客観的な意見で、自分に見えていない強さが分かるでしょう。


・仕事に取り組む姿勢

・チームメンバーとのコミュニケーション

・謙虚に学ぶ向上心


など、性格的な面での強さを明確にできると思います。


自分で整理してきた経験・スキル面と合わせて

強みを具体的にアピールできるようになります!


3つのステップで完成したあなたの強みを

文章化して履歴書・職務経歴書に記載する、

面接の原稿に落とすなど転職活動に活用しましょう!






いかがだったでしょうか?

転職エージェントをうまく活用して、いい転職をして社会人としての

キャリアをステップアップして、望んだライフバランスを手に入れてください。


実際に私たちもサポートして、よりよい転職に導きますので

お気軽にお問い合わせください。


株式会社FIVE 職業紹介 浅賀洋平

許可番号 13ーユー310946


閲覧数:35回0件のコメント

Comments


bottom of page