top of page
  • 執筆者の写真池原公生

転職を成功に導くメンタルの維持: ポジティブなマインドセットの育て方



私は専門学校を卒業後、飲食店を経営する企業に入社し現場で調理師として長く働きました。30歳の時に転職して業界を変え、営業やヘルプデスクなど複数の職業を経験しました。



現在40歳となりますが、まずは転職で業界や職種、自分のライフスタイルを変えた後に考えることは、【転職先でのキャリアアップ】についてです。



最近ではVUCA時代という言葉が出てきており、先行きが不透明な時代を実感します。



V(Volatility:変動性)

U(Uncertainty:不確実性)

C(Complexity:複雑性)

A(Ambiguity:曖昧性)



つまりそれは変化の激しい時代で、自分がその荒波を乗りこなせるように力をつける必要があるということです。



今回は【転職を成功に導くメンタルの維持: ポジティブなマインドセットの育て方】をテーマにお伝えします。



①転職に必要なのは未来を考える力

これを読んでいるみなさんは今転職を考えているという人が多いのではないでしょうか。

「今の会社が嫌だからなぁ・・・。」「次の職場ではスキルを習得したり磨きたい。」「今の職場で培った力を外でもっと評価してほしい!」など転職の理由は人によって様々。


ただ、共通して大切なことは【未来を考える力】です。

転職をした先でどのように働きたいのか、それにとどまらずどんな人材になっていきたいのかという人もいるでしょう。この未来を考えるということは非常に重要です。


ついつい転職という目の前の大きなことに着目して「どう書けば見栄えの良い履歴書や職務経歴書になるのか」「どんな受け答えをすると面接を突破できるのか」「これが正解なのか」などに目を向けがちなのですが、未来をポジティブに描くこととそれを相手に伝えることが、転職を成功に導く秘訣なのです!


立場を代えて、自分が面接官だとしたら面接で聞きたいのは、いままでの経歴についてはもちろんですが、志望動機や転職理由については取り繕った答えではなく、どんな想いがあるのか、どんなところに惹かれて応募してきたのかという話だと思います。


こちらについてはエージェントとの【自己分析MTG】を通してお話をしていければと思いますので、まずはご相談ください。



②ポジティブなマインドセットに必要なもの

今回のテーマである【ポジティブなマインドセット】。

こちらも転職を進めるうえでとても大切なものになります。


転職後の自分を想像したときに問題が解消した未来や明るい未来を想像して転職活動を行うかと思いますが、その転職の軸をいつも前提にすることが大事です。


そして、その思い描いた自分に対しての自信を持って転職活動に取り組むことが、ご自身を成功に導きます。


継続的にマインドセットをするためには以下のことがオススメです。


■自己肯定感

自分自身の体験では、転職活動を始める際には「まずは動いてみよう!」、転職の軸が決まって案件を探し始めたときには「どんな案件があるのかな!」とワクワクした気持ちになりました。ただ、実際に書類選考を通過して面談が決まった際には「うっ、面接緊張するな・・・。」とちょっとトーンダウン。

ここが大事なところで、この時こそ自分が想い描いた明るい未来を前提にすることが大切です。

そしてそれを実現できるという想いを支えるのが【自己肯定感】です。


自己肯定感を持つには一人よりも誰かの力を借りることが効果的です。

自分のことは良いところがあっても素直に自分をアピールすることが難しい場合もあります。一方、他の方から言われた「〇〇さんのこういうところって良いよね!」と言われたことは素直に受け取ることができます。


ぜひエージェントや周りの方とお話をして自分の長所や光るものを見つけていただき、それを磨いてください。自己肯定感を持つことによって人に与える印象は大きく変わります。



■転職は戦いではなく自己実現

人は緊張すると意識が自分に向きます。

面接などの一発勝負などではちょっとしたミスでも「うわぁ・・・、やっちまったよ・・・。」と引きずってしまうケースが多くあります。これは自分をどう見せるかという意識が過剰になってしまっている状態です。


ちょっと言葉が出てこなかった、噛んでしまった、相手の反応が思ったよりも薄かった、などなどちょっとしたミスというのは起こり得るものですが、それは大きな減点にはなりません。面接官が知りたいのは上に書いたように、どんな明るい未来を思い描いていて、それを実現することができる人なのかという事なのです。


転職は競争であるという意識や、面接は評価される立場と考えるととても緊張してしまいますが、転職は自己実現のためのステップであり、面接官は自分のことを引き出してくれる相談役なのです。


面接の時間に限らず、周りにいる方と協力して転職活動を進めて行くマインドを持つことをオススメします。


■他人軸ではなく自分軸で考える

転職の軸を決める際にも大切になる点ですが、どんなことを転職に求めるのか、転職後どうなりたいのかを考えるときに自分軸で考えることが重要です。


例えばですが、転職する際の希望年収はどのように考えているでしょうか。

年齢に対する平均年収でしょうか。


その他にも「多くの人がそうしているから」というような理由で自分の転職の軸を決めている人がいますが、人に決められた軸や周りと比較した軸、つまり他人軸で考えると目標設定があいまいになるケースが多くあります。


自分軸で考えるのは時間がかかりますし、しっかりと考えるには集中力も必要です。

今だけではなく、将来どんな人材になってどんな仕事をしてどんなプライベートの時間を過ごしたいのか。

そういったことを考えるのに転職活動というのはとても良い機会だと思います。これまでの自分のキャリアを棚卸して、これからの自分のキャリアを考える際に、エージェントも手助けができればと思っています。


仕事の中で大切にしていることや、自分の成長をどんな物差しで測っているのかなど、人と話すことが自分のことを理解することもできると思いますので、ぜひお力になれれば幸いです。



転職を一人で行う場合は、求人を集めて、各企業の採用担当者と面接の日程調整を行なっていきますが、かなりの労力ですので、完全無料の転職エージェントのサポートを受けることを強くオススメします。




いかがだったでしょうか?

転職エージェントをうまく活用して、いい転職をして社会人としての

キャリアをステップアップして、望んだライフバランスを手に入れてください。


実際に私たちもサポートして、よりよい転職に導きますので

お気軽にお問い合わせください。


株式会社FIVE 職業紹介 池原公生

許可番号 13ーユー310946


閲覧数:12回0件のコメント

Comments


bottom of page