top of page
  • 執筆者の写真吉岡将馬

転職市場価値の指標は3要素?~あなたの給与はこう決まる~



有料職業紹介エージェントの吉岡です。

大学卒業後、保険代理店の営業をしていたところから、「生涯ずっとここで働き続けるのだろうか…」と自身のキャリア、ライフプランを考える機会が増え、28歳の時に一念発起して転職を決意。

保険代理店時代に培った営業経験を活かしてITベンチャー企業へ転職。

転職によって月収が約10万アップし、ワークライフバランスが向上した経験から

「仕事に不安を抱えている人や将来的にライフプランを見直したいという人に、転職活動を通じて少しでも力になりたい」と感じて、エージェントに参画しました。

自身の経験、求職者との関わりの中で得た、お役に立てる情報を発信していきます。


第2回となる今回は、あなたの「転職市場価値」の指標について分かりやすくまとめてみました。

この指標を元に、あなたの給与が決定していきますので参考にしてみてください。



転職市場価値、そしてあなたの給与はどのように決まる?

 

 転職において、市場価値は大きく分けると3つの要素のかけ合わせになります。

  ①技術力(スキル)

  ②人間力

  ③生産力(生産性)



①技術力(スキル)について

 技術力とは、専門性のある業界、もしくは業界関係なく、今あなたが働いている会社

 以外でも必要とされるスキルの事です。


 転職で会社を変えたとしても価値のあるスキルを持っているのか、

 あなたが今働いている会社以外でも使えるスキルなのかがポイントとなります。


 例えば、専門性のあるスキルとしては、法人営業、マーケティング、プログラミング、

 デザインといった職種に近いものが挙げられます。

 一方で、業界関係なく必要とされるスキルは、いわゆる「経験」の部分で、

 マネジメントの経験や商品開発、企画、リーダー経験といった、どの会社でも活かせる

 ものを言います。


 そして、そのスキルはいつまで使えるものなのか。今後数年しか使えないスキルなのか

 それとも今後長期的に使えるスキルなのかという「あなたの持つスキルの有効期限」を

 知っておく必要があります。


 また、あなたがこれまでの業務経験で得た「珍しい経験」もスキルのひとつとなります。

 例えば、保険業界で車同士の事故に関する折衝経験や言語の異なる海外のクライアント

 との交渉経験など、業界が変わったとしても活かせる経験は転職において大きな武器と

 なります。

 そのレアな業務経験が他の会社でも通用するのか、ニーズがあるものなのかであなたの

 総合的な技術力が決定します。


 ぜひ一度、あなたのスキル(武器)の棚卸をすることをおすすめします。



②人間力について

 人間力とは、簡単に言うと「コミュニケーション能力」のことです。


 上司、部下、同僚関係なく関係性を構築でき、仲良くなれる人。

 上司から可愛がられる、部下に慕われる力を持っている人は、人間力が高いです。


 例えば、自分の長所・短所はもちろん、共に働く上司や部下、同僚の長所・短所まで

 理解し、社内で協力して問題解決が出来る人は人間力が高いと言えるでしょう。


 社外での交渉や折衝は得意だが、社内での書類作成や作業が苦手、、、

 そんな時、同僚の得意・不得意まで把握していれば、上手く人に任せたり、逆に不得意な

 業務を行っている仲間の仕事を引き受けたり、社内全体としての業務効率が上がります。

 社内連携が上手な人は、日々コミュニケーションを大切にしています。


 例え、あなたが今働いている会社から転職する事を上司や同僚に伝えたとしても、

 上記のような人間力があれば、それでも応援してくれる、力を貸してくれる人が

 現れます。


 また、会社以外でもあなたに協力してくれる人がどれだけいるかという「人脈」も

 人間力に相当します。


 会社以外で培ってきたこれまでの人間関係もあなたにとって大きな財産となります。

 前職の仕事仲間やプライベートで知り合った人などは、場合によっては転職した先でも

 お客さんになるケースが十分に考えられます。

 そして、あなたに協力してくれる人たちは、社会的にどれだけの意思決定権を持っている

 のかも市場価値の指標となります(社長や役員といった影響力のある人との繋がりetc)。

 そういった、自分と自分の周りにいる人まで含めて人間力になるのです。


 あなたの今の「人間力」を箇条書きで構わないので、書き出しておくと頭が整理され

 転職活動を優位に進められますよ。



③生産力について

 生産力とは、あなたが今働いている業界において、「一人あたりの生産性」の高さを

 表しており、労働者一人当たり、あるいは労働1時間当たりで、どれだけの成果を生み

 出せるかを示します。あなた自身の能力、内的要因はもちろん、いわゆる好調な業界で

 働いているといった外的要因も加味されます。

 例えば、今ですと業界的にはIT系、職種ですとSEなどが該当します。

 自分が今働いている業界には成長性があるのか。そして、あなたがその業界に居続けた

 場合、あなたの市場価値は上がっていくのかがポイントとなります。


 特筆した才能がなくても高い給料を安定的にもらえるようであれば、あなたの今働いて

 いる業界は成長性があり、結果的にあなたは生産力がある人という判断がなされます。

 


上記3つの力、3つの要素によって、あなたの転職市場価値と給料の期待値が決定します。


ポイントは、転職にあたって重要なこれらの要素を、あなた自身がしっかりと把握し、

職務経歴書や面接にまで落とし込めているかということ。

法人営業であれば具体的な売上、業界で見たときにその売上は多いのか少ないのか、転職先の業界で言うとどの程度の売り上げ規模なのかなど、転職先の採用担当にも分かりやすく伝える必要があります。

リーダー経験があるのであれば、何人規模のリーダー経験なのか、リーダーとしてどのような実績を収めたのかといった数字を用いた具体的なアピールが必要になるため注意が必要です。


本来、あなたは市場価値が高い人物だったとしても、それをアピールする力がなければ、

転職を成功させることは難しいでしょう。


FIVEのエージェントはそうしたアドバイスを対面やオンラインでも行う事が可能です。


また、転職活動を働きながら行っているという人も多いはずです。

上記でお伝えした3つの要素を全て求職者だけで棚卸し、整理するのはとても大変なことです。


転職活動を一人で行うことはリスクです。これまでの仕事や業務経験の棚卸、書類作成から求人を探すまで、かなりの労力が必要ですので、完全無料の転職エージェントのサポートを受けることを強くオススメします。


いかがでしたでしょうか?

転職エージェントをうまく活用して、いい転職をして社会人としての

キャリアをステップアップして、望んだライフバランスを手に入れてください。


実際に私たちもサポートして、よりよい転職に導きますので

お気軽にお問い合わせください。



株式会社FIVE 有料職業紹介 吉岡将馬

許可番号 13ーユー310946


閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page