top of page
  • 執筆者の写真緑川拓男

転職面接での質問リスト: 効果的な質問で企業を見極める

面接の最後に、面接官から「最後に質問ありますか?」と聞かれる【逆質問】は、自分の志望度をアピールする絶好の機会で、職場環境や企業文化などの見えない部分について質問することは、面接官に対してあなたが真剣にその会社で働くことに興味を持っていることを示す良い方法です。


しかし、転職面接で待遇面に焦点を当てた逆質問を繰り返してしまうと、面接官に不適切な印象を与える可能性があります。

これは、応募者が仕事に対する真剣さや企業への関心よりも、個人的な利益や給与に焦点を当てているように見えるからです。


待遇面について質問するのは悪いことではありませんが、それが面接での唯一の関心事であるように見えると、面接官にとっては採用の意思や長期的なコミットメントが不足しているように感じられるかもしれません。


したがって、面接での逆質問は、待遇だけでなく、仕事への熱意や会社への適応性についても質問することが重要です。


転職面接において、企業をより深く理解するためには効果的な質問をすること重要です。以下は、企業を見極めるための質問の参考例です。


<逆質問の参考例>

①成功を収めるための鍵となる特性やスキルは何でしょうか?

②社員が最もやりがいを感じる要因や楽しみな部分は何でしょうか?

③私が配属される職場環境は、どのような雰囲気で協力やチームワークが促進されていますか?

④中途採用者に対して期待するスキルや資質について教えていただけますか?

⑤私の希望する職種における一般的な業務の流れや日常的な仕事内容について、具体的なイメージを教えていただけますか?

⑥週末にも出勤が必要な場合があるのでしょうか?

⑦中途入社した方々のうち、特に活躍し、高い評価を得ている方々にはどのような特徴や傾向がありますか?

⑧テレワークを選択している従業員の割合は、おおよそどの程度ですか?





①成功を収めるための鍵となる特性やスキルは何でしょうか?


求職者が企業に貢献するための必要な特性やスキルを理解し、自身の適性や成長ポイントを把握するためです。また、求職者が企業の文化や価値観に適合するかどうかを確認することもできます。求職者は企業での成功に向けて求められる要素や期待について理解を深めることができます。


②社員が最もやりがいを感じる要因や楽しみな部分は何でしょうか?


求職者が企業の社員のやりがいやモチベーションの源泉を理解し、自身の価値観や志向との適合性を確認するためです。また、企業の文化や働き方に対する理解を深めることもできます。求職者は企業の社員が価値を見出し、満足している要因について知ることができ、自身のモチベーションや職場での満足度との一致を考えることができます。


③私が配属される職場環境は、どのような雰囲気で協力やチームワークが促進されていますか?


求職者が自身の配属先の職場環境や雰囲気を理解し、自身の適応性やコミュニケーションスキルがどの程度必要とされるかを把握するためです。また、企業の文化や価値観に合致するかどうかを確認することもできます。求職者は自身の将来の職場環境での適応性や満足度を考慮することができます。


④中途採用者に対して期待するスキルや資質を教えていただけますか?


採用側が求めるスキルや資質を理解し、自身の適性や強みとの一致を確認するためです。求職者は自身の強みや成長ポイントを探り、会社にとって価値ある貢献をするための方向性を把握することができます。


⑤私の希望する職種における一般的な業務の流れや日常的な仕事内容について、具体的なイメージを教えていただけますか?


求職者が希望する職種における実際の業務内容や日常の仕事の流れを理解し、自身の能力や適性との適合性を確認するためです。求職者は職務内容や業務スケジュールをより詳細に理解し、その職種での自身の役割と貢献度を想像することができます。


⑥週末にも出勤が必要な場合があるのでしょうか?


求職者が企業の勤務体系や労働条件を理解し、将来の働き方について適切に計画するためです。また、求職者の週末の時間の重要性やワークライフバランスの関心にも配慮することができます。求職者は企業の期待や要件を明確に把握し、自身のキャリア目標や生活スタイルとの適合性を確認することができます。


⑦中途入社した方々のうち、特に活躍し、高い評価を得ている方々にはどのような特徴や傾向がありますか?


求職者が企業の成功パターンや重要視されるスキルについて理解し、自身の適性や強みとの一致を確認するためです。また、求職者が企業の期待に沿った成果を出すための方向性を把握することもできます。求職者は企業での成功要因や価値観について理解を深め、自身のキャリア目標との適合性を考えることができます


⑧テレワークを選択している従業員の割合は、おおよそどの程度ですか?


求職者が企業のテレワークの普及度や働き方の多様性を理解し、自身の働き方やライフスタイルとの適合性を確認するためです。また、テレワークの導入状況が企業の柔軟性や労働環境にどのような影響を与えるかを把握することもできます。求職者は企業の働き方の特徴や文化を把握し、自身の適応性や満足度を考慮することができます。



まとめ

転職面接では、逆質問をすることが重要です。それは、自分が真剣にその会社やポジションに興味を持っていることを示す手段であり、面接官に自分の積極性をアピールする機会でもあります。


しかし、面接官も勤務中であることを念頭に置いて、適切な逆質問を用意することが重要です。待遇や個人的な情報に焦点を当てすぎないようにし、企業の文化や仕事内容について興味を示す質問を心がけましょう。



いかがだったでしょうか?

転職エージェントをうまく活用して、いい転職をして社会人としての

キャリアをステップアップして、望んだライフバランスを手に入れてください。


実際に私たちもサポートして、よりよい転職に導きますので

お気軽にお問い合わせください。


株式会社FIVE 職業紹介 緑川拓男

許可番号 13ーユー310946


閲覧数:39回0件のコメント

Comments


bottom of page